2010年02月06日

「に」と「へ」の使い分け 使い方

格助詞「に」と「へ」の使い分け 使い方


「に」と「へ」をどのように使い分けていますか?

我々日本人ならそんなこと気にしなくても話す分には

ちっとも困ることはありませんよね。


ただ、手紙やメールなど、文章をかくとき迷うときがあります。


外国人学習者に日本語を教える場合は、教科書によっては

不自然な場合でも「へ」を使うらしいですね。


文法書にはこう書いてありました。

でも外国人に聞かれたらこう答えましょう。

「へ」と「に」は移動の到達点や方向を表す場合は置き換え可能

例えば

・部長に呼ばれて、会議室行きました。

・部長に呼ばれて、会議室行きました。


置き換えられないのは、それぞれの物が密接にくっついている場合や

「ふろに入る」や、「電車に乗る」など慣用的に決まっている場合。


○電車乗って新宿まで行きました。

x電車乗って新宿まで行きました。


○ドア閉店の張り紙をしました。

?ドア閉店の張り紙をしました。


○御風呂入っているときに、友達がきました。

x御風呂入っているときに、友達がきました。


いろいろな助詞

格助詞  終助詞  副助詞 係助詞  接続助詞  準体助詞

posted by 日本語教師 at 07:00 | 格助詞の使い分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。