2009年12月03日

虹の色は何色ある?

虹の色は何色ある?

虹の色は何色ある?」ときかれたら我々日本人なら

7色と答えるでしょう。

赤・橙・黄・緑・青・藍・紫

子どもの頃からこの7色で習ってきましたよね。


しかし、今でもアメリカ人の中には6色と答える人がいるそうです。


昔のアメリカ人には藍色という色の概念がなかったそうです。

6色ならまだしも、ジンバブエの国では、民族によっては

4色だったり、2色だったりする国もあるそうです。


しかし、改めて考えてみると、色というものは無限にあるわけで

そのなかのこの部分を「青色」、この部分を「黄色」と勝手にしている

わけで、奥が深そうです・・・


思い出せば、子どもの頃信号の色は緑色に見えるのに

どうして皆青色と言うのだろうと不思議に思ったことを思い出す。


そして今でも私には、信号は「緑色」に見える。
posted by 日本語教師 at 00:00 | 文化比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。