2009年10月10日

濁音ってきたない?

濁音ってきたない?


金田一春彦先生の本にこのようなことが書いてあった。

日本人は濁音の付いた単語を嫌う。

<それは習慣と力の連想の力である>


そう言われればそうかもしれない。

ブスゲス・外道・ブタドブドロゲロ etc・・・・

あげれば限がないが、確かにそんな気がする。


人の名前にも言えるのかもしれない。

ケンジ・シュウジなど、一番最後の文字が濁音の名前は良く耳にするが、
語頭に濁音のある名前はあまりきかない気がする。


大二郎・大作・など「大」という漢字と一緒のケースが多くないだろうか。
「大」という言葉は、きたないイメージはない。おそらく立派である。

私は、濁音自体が決してきたなく聞こえるのでなく、

偶然日本語には濁音が含まれる単語に、あまり人に好まれない

単語が多いせいだと考える。

posted by 日本語教師 at 00:00 | 日本語全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。