2011年03月24日

「割烹 かっぽう」の意味と語源

「割烹 かっぽう」の意味と語源


割烹とは、肉を割き烹る意味で、料理することの意味で使われる。



明治時代、料理屋や飲食店のことを割烹店、割烹亭などといったこと

から、今でも料理に自信を持っている料理屋や飲み屋などで使われている。



「烹」(ほう)は中国の漢音で、古く「孟子の万章上編」に「割烹」の語がみられる。

posted by 日本語教師 at 00:00 | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。