2010年05月05日

英語と日本語の区別の違い

区別の特徴



日本語は英語やヨーロッパの言語と違い単数と複数を

区別する必要はありません。



一方で、自分のことを言うときに

「私」「俺」「僕」「自分」など、たくさんの語を有します。



また、「いる」と「ある」のように、主語が人か物かで

使い分ける動詞もあります。

この特徴はお隣韓国語にもありません。



このように、他国の言葉とは区別するものと、簡単な区別で

終わるものとの項目に違いがあるようです。
posted by 日本語教師 at 07:00 | 日本語の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。