2010年04月15日

いいあんばいです。

「あんばい」の語源



「丁度いいあんばい」などというが、この「あんばい」は

漢字では「塩梅」と書く。



これは昔、料理するときの調味料として「塩」と「梅の酢」を

用いていたことから出た言葉で、当初は味の加減を調える

意味として使われていた。



「あんばい」は、漢字を普通に読めば「えんばい」だが、その昔

中国では「塩」を「あん」と発音していた時期があり、その発音が

入ってきたという説と、

ほどよく物を配列することを「按排(あんばい)」といったことから、

混同して使われるようになった(意味も似ているため)という説がある。
posted by 日本語教師 at 08:00 | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。