2010年03月15日

「阿漕」読めますか?

「阿漕 あこぎ」の語源と意味



漢字では「阿漕」と書き、「あこぎな商売」など、しつこくてずうずうしい

行い、貪欲で悪質な行為といった意味である。



その昔、今の三重県津市の辺り東海岸一体を阿漕ヶ浦といい、

伊勢神宮お供えする魚を捕るために禁漁区となっていたが、

その土地に住む若者が、母親の病を治すためのお金のために

漁を行なっていて、回数を重ねるうちに捕らえられたことから

今の意味で使われるようになったといわれている。

posted by 日本語教師 at 08:00 | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。